FX

【大口スケジュール】為替・年間

上半期・下半期

【上半期・2-9月】

(日本?)輸出が出てドルが下がる・輸出業者がドルを売る

【下半期・10-3月】

(日本?)輸出が下がって先細り、ドルが上がる
(日本?)輸入が目立ちやすい
*輸入が増える訳ではないが、輸出の動きが衰える
*時々ドル売りがあるが長続きしない

月別

【5月】ドル下げ

【6月】ドル上げ

【7月】半ば~ ドル下げ
①輸出がドル売りを早めて上半期を終える、そのクライマックス
②いつも、7月半ば-8月半ば、米国債を中心とした利払いで、円買がある
③「6月所得黒字の大幅減少から増加」と「リーズ&ラグズ」

【8月】~半ば ドル下げ
・2022/8/11~12? 日本の輸入企業が大きなドル買いをした お盆を跨いで買い続けない (日付的気分が変わるので)
・8/15は米国債の償還&利払いー米?輸出企業の米国債が債務返済されドルを受け取り、ドルを売って(円高)、日本に円で支払う

【9月】中間決算
例年下旬ドル上がる(実務をしていた単純作業@野村雅道氏)

【10月】ヘッジファンドの決算
例年10月中旬はドル高傾向

【11月】ドル売り(5月11月)
海外のリパトリー
11月中旬(早い場合も)米国債や外債の利払い償還のドル売り
利払いは15日(火)かスポットなら11日(金)に指示が出て15日以降ドルが売られていく

【12月】ドル買い(6月12月)
利払いオペレーションが少ない→6月と同じように所得黒字が激減→経常収支が赤字に向かう
晩秋から12月にかけてドル買い
本国にドル送金をする

ファンド会議


Youtube[ガチプロFX竹内のりひろ]より