Python

Pythonー頻繁に参照する要点まとめー

更新日:

基本に立ち返る事は時々必要。
Pythonの基本構文や記号の意味など、まとめておいた。

 

構文まとめ

Pythonバージョン宣言
#!/user/bin/env python3

 

文字コード宣言
# coding:utf-8
 #または
# coding=utf-8
 #または
# -*- coding:utf-8 -*-
モジュール(外部機能・追加機能)のインポート
import モジュール名

モジュール名.関数名

#------------------
import モジュール名 as 代名

代名.関数名

#------------------
from モジュール名 import 関数名

関数名

変数
a = 1
繰り返し(for構文+リスト)
for 変数名 in シーケンス:
    実行文
else:
    実行文

※繰り返す場所はインデント(Tab)で指定

繰り返し(while構文)
while 条件式:
    実行文
else:
    実行文
条件分岐(if構文)
if 条件式:
    実行文
elif 条件式:
    実行文
else:
    実行文

※break 中断
※pass 何もしない

関数
命令関数(引数)
print()      # 正確に訳すと「print関数を呼び出せ」

※最初から用意されている関数は「組み込み関数」

定義関数
def 関数名(変数1,変数2)  # 変数1 変数2は「引数」
    実行文
    return 変数3     # 変数3は「戻り値」
リスト
変数 = [要素1,要素2,要素3]

変数[0]
変数[1]
変数[2]

※インデックス(添字)は、0,1,2…

オブジェクトとメソッド
import モジュール名

変数1 = モジュール.関数()  # モジュール.関数() のかたまりがオブジェクトになる 頻繁に使う場合に作ると便利
変数1.メソッド1()      # さらにメソッドを付属できる = オブジェクト.メソッド() となる
変数1.メソッド2()
ディクショナリ
変数名 = {"キー名1":値1, "キー名2":値2, …}

変数["キー名1"]
クラス(オブジェクトの元になる)
class クラス名A:
    def __init__(self,変数1,変数2,変数3):
        self.変数1 = 変数1
        self.変数2 = 変数2
        self.変数3 = 変数3
    def 関数1(self)
        print(self.変数1)
        print(self.変数2)

変数B = クラス名A(値1,値2,値3)  #クラスに値を入れ、変数Bというオブジェクトを作る

変数B.関数1()  #左記を実行すると、値1と値2が表示される

変数B.メソッド1() #メソッドを実行可能 変数Bというオブジェクトに命令を出せる

※__init__ … コンストラクタ オブジェクトの初期化
※self … オブジェクトを指し示すという機能 別名可
※self.変数1 … インスタンス変数 … オブジェクトの内部にある変数

継承(既存のクラスを基に新しいクラスを作る)
class 新クラス名(既存クラス名):
Await式
await

 

文法ルール(記号)

記号
” “ 文字列を括る「文字列内にクォートがある時どちらかで区別 ”It’s a pen”」
” “ ディクショナリのキー名の前後に使用
‘ ‘ 文字列を括る
“”” “”” 三重ダブルクォート 改行を含めて記述可能
”’ ”’ 三重シングルクォート 改行を含めて記述可能
\ エスケープシーケンス「例:print(“\\10″)、print(r”\10”)」 rはraw String
\ エディタ内の文字列内で改行するとき(=文字列は連結=表示では改行されない)
+ 文字の連結「print(“abc”+”def”)」
* 繰り返し「print(“abc”*3) → abcabcabc」
\n 文字列内の改行
# コメントアウト
: ループ文の最後に記述
(tab) ループ文の繰り返し部分のインデントとして記述
(半角スペース4つ) 4字下げ(if文)
リスト[添字] 添字市指定・リストのシーケンス値宣言と参照値
リスト[添字:添字] スライス操作
[{},{},{}] リストのなかにディクショナリを使用
{キー:値} ディクショナリのシーケンス値宣言で使用
{式} 集合表示
[] ディクショナリの参照値で使用
関数(引数) 関数呼び出し
() 式結合
() タプル表示
二項演算子
+値 正数
+ 足し算
-値 負数
引き算
* 掛け算
** べき乗
/ 割り算
// 割り算 小数点以下切り捨て
% 割り算の余り
@ 行列計算
<< シフト演算
>> シフト演算
比較演算子
<
<=
== 等しい
>
=>
!= 異なる
~ ビット単位のNOT
& ビット単位のAND
^ ビット単位のXOR
| ビット単位のOR
in、not in、is、is not 帰属テスト、同一性テスト
not ブール演算のNOT
and ブール演算のAND
or ブール演算のOR
if else 条件式
lambda ラムダ式
正規表現
\d 数字かどうか調べる(パターンマッチ)
演算子の優先順位一覧

こちら

予約語一覧

こちら

 

豆知識

・shell … 貝殻・殻→インターフェイスのこと
・インデント(字下げ)(行頭の空白) … 意味がある
・空行(からぎょう) … エディタ内の改行
・スコープ … 変数の有効範囲 グローバルスコープ・グローバル変数 と ローカルスコープ・ローカル変数 がある
・グローバル宣言 … グローバル変数を利用する時に利用
・デフォルト引数 … 省略され記述されていない引数の初期値
・インスタンス … クラスからできたオブジェクト
・実体化 … クラスからオブジェクトを作ること
・オーバーライド … 既存のクラスを改良して別のクラスを作るときの基本

・大文字小文字の区別がある
・” ”の中に改行は入れられない

・PyPI … Python Package Index 世界中の開発者が作ったモジュール群 「pip」コマンドでインストールする
https://pypi.python.org/

 

~~~ お勧め参考書 ~~~

プログラム単語の上にその意味がいちいち振ってある。学習を進める上で不明点があまり溜まらなく確実に理解していける。お勧めだ!

-Python

Translate »

Copyright© 解決方法あった! , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.