Office365

Microsoft 365 管理センターにおけるSPF設定方法

更新日:

Microsoft 365 管理センターにおいて(=ネームサーバーがマイクロソフト=例:ns1.bdm.microsoftonline.com~を使用中で)、DNSにSPFレコードを設定する方法を紹介します。なりすまし対策でよく必要になります。

Microsoft 365 管理センターでは下記図のようにデフォルトで「v=spf1 include:spf.protection.outlook.com -all」が入っています。
この部分にメールの送信元となるサーバー(ホームページ)のIPアドレスを編集して追記します。

Microsoft 365 管理センター ドメイン管理画面
ホームページのサーバーのIPアドレスがxxx.xxx.xxx.xxxの場合下記のように追記します。

「v=spf1 include:spf.protection.outlook.com -all」
↓↓↓
「v=spf1 ip4:xxx.xxx.xxx.xxx include:spf.protection.outlook.com -all」

以上です。

※「+」「-」「~」の使い分けは他のサイトで調べてみてください。

<環境>
・ドメインは、A社で購入
・WEBサイトは、B社ホスティングサーバーを利用
・ドメイン管理は、Microsoft社(Microsoft 365 管理センター)を利用
・ネームサーバーは、Microsoft社(Microsoft 365 管理センター)を利用
・メールは、Microsoft社(Microsoft 365 管理センター)を利用(ドメイン管理がMicrosoft 365 管理センターのため)

-Office365

Translate »

Copyright© 解決方法あった! , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.