Exchange Server

Exchange 管理センターのトランスポートルール」の作成方法

更新日:

「Exchange 管理センターのトランスポートルール」の作成で該当ホスト(ホスティングサーバーのIPアドレス)の登録で、なりすまし防止対策の設定をする事ができます。

<手順>
■ トランスポートルールの構成手順例
——————————————–

1. 管理者権限を持つユーザーにて、https://outlook.office365.com/ecp/ にアクセスします。
2. Exchange 管理センター (EAC) が開きますので、左側のメニューから [メールフロー] > [ルール] をクリックします。
3. [+] をクリックし、プルダウンメニューから [スパム対策フィルターをバイパスする] をクリックします。
4. ルール新規作成画面にて [名前] に任意のルール名を入力します。
5. [このルールを適用する条件] プルダウン メニューより [送信者] > [ドメインが次の値である] > ドメインを入力し、[+] > [OK] とクリックします。※ 複数登録も可能です。
6. [条件の追加] > [送信者…] > [IP アドレスが次の範囲内にあるか、完全に一致する] > 送信元 IP アドレスを登録します。
7. [保存] をクリックし、トランスポートルールが作成されていること、[オン] のチェックボックスにチェックが入っていることを確認します。

-Exchange Server

Translate »

Copyright© 解決方法あった! , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.